Conents Menu
Search
Archives

吸血鬼映画への憧憬

Yearning for Vampire Movies

■B-PASS別冊Pride Vision 04

■2002.06.28(Fri)発売

■特集"吸血鬼的"

■発行:株式会社シンコー・ミュージック

■定価:1500円

吸血鬼。闇に乗じ墓場より出で人の生き血を啜る死者。吸血鬼により死に至らしめられし者は、その者もまた不浄なる者として犠牲者を求め彷徨う。そもそも東欧一帯に広がるこの民間信仰は、恐怖の対象としての「死」そのものの具現であると共に、時にまぬけな存在としても語られる日本の「鬼」に近い素朴なるものであった。この民間信仰が、闇に君臨する存在となり我々を魅了して止まぬようになったのは、吸血鬼小説の代名詞とも言えるブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』、そして数多く制作されたその映画化作品に負う所が大きい。勿論ブラム・ストーカー以前にもバイロンの主治医であったジョン・ポリドリによる『吸血鬼』やシェリダン・レ・ファニュの『吸血鬼カーミラ』等、吸血鬼小説は存在していたが、歴史上に実在したワラキアの領主であったブラド・ツェペシュと吸血鬼を結び付けた『吸血鬼ドラキュラ』こそ、吸血鬼小説の最高峰にしてとどめと言える。ドラキュラは闇に佇む貴族的存在として吸血鬼の代名詞となり、今や原作を知らぬ人でもその存在を知っている。いや、原作を読んでおらぬからこそ「ドラキュラ」という固有名詞と「吸血鬼」という普通名詞が同義であるとの誤解が発生しているとも言えようか。

しかし、いつの頃からだろうか。吸血鬼映画は怪奇幻想的な描写を捨て去りキワモノ映画と成り下がった。今やドラキュラは頽廃のダンディズムを身に纏った孤高の闇の存在ではなくなり、永遠の生命を得てまで妻との運命的な再開を待ち侘びる愛の殉教者へと成り果てた。また、ある吸血鬼は二度と見られぬ日の出を嘆き、自らの感傷的な思いに深く沈殿し異常な程雄弁に語り出す始末。その一方で我々を辟易とさせ描かれ続けるゾンビもかくやと思わせるような怪物と化した吸血鬼達の群れ。

言わずもがなではあるが、これらはフランシス・フォード・コッポラ監督の『ドラキュラ』(1992)、トム・クルーズやブラッド・ピットが主演した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994)、ロバート・ロドリゲスとクエンティン・タランティーノ製作総指揮の『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996)といった昨今のメジャー吸血鬼映画に対する嘆きである。確かにコッポラの『ドラキュラ』はかつてない規模で制作された吸血鬼映画であり怪奇映画史に名を残すべき超大作であるし、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』は原作者アン・ライス独自の世界観が鼻につくとは言え丁寧に作り上げられた幻想絵巻的作品であった。

だが、我々が望んでいるのはそんな吸血鬼達ではない。正統なる吸血鬼映画が耽美的になり過ぎるあまり同人誌的嗜好に迷い込み、アニメやゲーム、低俗な小説群と渾然一体と化す中、真に求められているのは唯一無比の死の象徴としての吸血鬼であり、そこにあるのは崇高にしてさかしまなるキリスト的存在への憧憬である。我々が吸血鬼に魅了されて止まぬのは、それが光や愛といったものから拒絶された我々と同じ闇の住人であるにも関わらず、毅然とし世俗を超越した存在であるからに他ならず、それを吸血鬼自らがその悲しみや苦悩を全面に押し出し自身の悲劇を語りだしてしまってはならないのである。ましてや、吸血鬼の魅力を見てくればかりに絞り、美形の悲劇の主人公に仕立て挙げる等、論外も甚だしい。屈折したロマンティシズムは、一般人向けに普遍化された恋愛物語や、同人誌的嗜好に彩られた軟弱さとは決して相容れることはないのである。

貴族然とした崇高なる吸血鬼の肖像を映画に求めると、それは半ば必然的にドラキュラ映画へと辿り着く。『魔人ドラキュラ』(1931)で怪奇的な雰囲気を濃厚に漂わせたベラ・ルゴシ、190cmを超える痩身に荒々しくも気高き雰囲気を伴わせた『吸血鬼ドラキュラ』(1958)のクリストファー・リー。この二大怪奇俳優にこそ、我々が求めるべき吸血鬼像がある。クリストファー・リーは14作品もの吸血鬼映画に出演した怪奇映画界のカリスマ的存在であり、ピーター・カッシング、ヴィンセント・プライスらと怪奇映画の一時代を築き上げた最後の怪奇俳優である。昨今では『スリーピー・ホロウ』(1999)や『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)での健在な姿が記憶に新しい。そして、ベラ・ルゴシ。欧米各国でもドラキュラと言えばルゴシかリーかと人気を両分するこの二人であるが、怪奇幻想を愛する私としてはあえてリーではなくルゴシを推す。ルゴシこそがドラキュラであり、そして同時にまたドラキュラの犠牲者であったと言える彼の悲壮な人生に、少なからず私は吸血鬼に対する憧憬を重ね合わせてしまうのである。

1882年にハンガリーで生まれ、ハンガリー国立劇場で舞台に立っていたベラ・ルゴシは、1920年にニューヨークに渡るまでの間にいくつかの映画にも出演していたベテラン俳優であった。端正な顔立ちながらも、鬱屈した影のある存在感。眼光鋭く力強い表情。そんなルゴシがドラキュラを演ずることとなるのは必然的であったとも言えるだろう。そして1931年、彼にとって、さらには怪奇映画界にとっても運命的な映画が製作される。それこそが『魔人ドラキュラ』である。

当初ドラキュラ役は、『オペラ座の怪人』(1925)の怪人エリックや、『真夜中過ぎのロンドン』(1927)で吸血鬼(正確には吸血鬼ではないのではあるが)を演じた「千の顔を持つ男」ことロン・チャニーが演ずる予定であった。しかし、当時ロン・チャニーは喉頭ガンに侵されていたためドラキュラを演ずることあたわず、『カリガリ博士』(1920)で眠り男チェザーレを演じたコンラート・ファイト等、配役は2転3転した後、そして遂に1927年よりブロードウェイの舞台演劇でドラキュラを演じていたベラ・ルゴシに白羽の矢が立ったのであった。

ドラキュラ役を熱望していたルゴシは舞台で演じていた時同様、襟の立ったマントに燕尾服という出で立ち、そして強烈なハンガリー訛りでこの上ない程に魅力的なドラキュラを演じ、現代に至るまでのドラキュラの普遍的イメージを確立すると共に、彼自身の役者生命までをもドラキュラという名の血の契約の下に縛りつけた。実のところ彼の強烈なハンガリー訛りは完全な演技というわけではなく、実生活でも晩年まで抜けることがなかったのではあるがことドラキュラを演じる上では、この訛りがいかにも不気味で奇怪なことこの上なく、ルゴシの得意とする眼力による演技と相俟って雰囲気を盛り立てることに成功した。彼が演じたドラキュラは怪奇的な雰囲気を濃厚に漂わせながらも紳士的で優雅であり、時に見せる荒々しさや邪悪さが強い説得力と魅力を持ってドラキュラというキャラクターを際立たせた。現在我々が想像するドラキュラのイメージは全てこのルゴシに起因すると言っても過言ではなかろう。

そしてコッポラの『ドラキュラ』をも軽く凌駕するドラキュラ城の素晴らしいセット。怪奇幻想、並びにゴスを嗜好する者でこのドラキュラ城で感激に打ち震えぬ者はいない。朽ち果てた教会を思わせる荘厳な雰囲気の中、そこかしこを鼠達が這いずり回り、蜘蛛の巣は人の背丈を超えんばかりに張り巡らされている。そしてこの頽廃的で幻想的な大ホールの階段を、蝋燭を手にしたルゴシ演ずるドラキュラがゆっくりと降りて来る・・・。もう、何度見てもゾクゾクする最高の瞬間である。まさに『魔人ドラキュラ』の魅力はこの怒涛の古城のセットとベラ・ルゴシの組み合わせが全てである、とさえ言えよう。と言うのも、残念なことにこの『魔人ドラキュラ』はこれらの素晴らしい数々の要素がある一方で非常にテンポの悪いカルト性の高い映画なのである。監督であるトッド・ブラウニングがやる気を失っていたとも言われているが、特に物語中盤以降は冗長とも言える演出、まるで舞台演劇を見ているかのような固定されたカメラ等により、前半の良質な要素を覆い尽くして余りある程に退屈な印象を受けてしまう。

それでもなお『魔人ドラキュラ』は怪奇趣味を満足させるに十分なだけの魅力を放ち、ベラ・ルゴシは一躍怪奇俳優としての地位を確立した。彼のもとには日々女性から沢山のファンレターが届き、ルゴシは人生で最も輝かしい時を迎える。しかし、ルゴシは続いてユニヴァーサルが製作した『フランケンシュタイン』(1931)の怪物役を台詞がなく素顔が出ないことを嫌い断ってしまい、その代わりとして怪物を演じたボリス・カーロフに怪奇俳優としての地位を奪われてしまうことになるのである。この大いなる過ちにより、以降ルゴシはギャラの安いB級の怪奇映画ばかりに出演せざるを得なくなり、吸血鬼やマッドサイエンティストのような紋切り型の役しか回してもらえなくなってしまう。

『魔人ドラキュラ』から4年後、トッド・ブラウニングは『真夜中過ぎのロンドン』を自ら『古城の妖鬼』(1935)としてリメイクすることとなる。このリメイク作品でチャニーが演じた吸血鬼の役はベラ・ルゴシによって演じられ、ルゴシは再びドラキュラを思わせるような、襟の立った長いマントに黒の正装といった出で立ちでモーラ伯爵に扮した。『魔人ドラキュラ』で退屈極まりない演出を見せたブラウニングも本作ではその手腕をやや取り戻し、『古城の妖鬼』は良質な怪奇映画としての雰囲気を漂わせ、『魔人ドラキュラ』以上の怪奇幻想趣味を掻き立てる作品として完成した。残念なことにルゴシ演ずるモーラ伯爵はラストのたった一言しか発さず、僅かの出演と留まったが、ドラキュラを彷彿とさせるその圧倒的な存在感は、やはりルゴシこそがドラキュラであることを我々に再認識させるには充分な説得力を放っている。しかしそれゆえに、モーラ伯爵を演じたことでルゴシはドラキュラ、もしくは吸血鬼という固定イメージを払拭することができずにいることを証明してしまったことにもなったのである。

やがて1940年代に入ると、フランケンシュタインの怪物を演じたボリス・カーロフが役者として大成していく一方でルゴシは低予算な怪奇映画の常連となり、借金とモルヒネ中毒に陥ってゆく。そもそも二枚目のシェイクスピア俳優であり、様々な役柄をこなすことのできた実力を持ったルゴシにとって、型にはまった役ばかりを演じ、二流の怪奇俳優としての地位に甘んじることは屈辱極まりないことであったのである。

その後ルゴシは、『吸血鬼甦る』(1944)で吸血鬼アーマンド・テスラを演じるが、『吸血鬼甦る』は良質な要素の見当たらぬ低予算映画であり、もはやルゴシの名は吸血鬼という役柄をもってしても人々を魅了できぬことは誰の目にも明白であった。ルゴシ最後の輝きはユニヴァーサルが制作した『凸凹フランケンシュタインの巻』(1948)で二度目にして最後に演じたドラキュラである。しかし、本作はアボットとコステロという二人のコメディアンが主役であり、ドラキュラ伯爵とフランケンシュタインの怪物、狼男が一同に会するというコメディ映画であった。『魔人ドラキュラ』で一枚看板として観客を震え上がらせ、ドラキュラの普遍的イメージを作り出したルゴシ往年の姿はそこにはなく、セルフ・パロディとしてドラキュラを演じる、哀しく老いた役者としてのルゴシがそこにあった。ルゴシの役者人生の転落はさらに続き、彼は晩年には映画と呼ぶのも躊躇わざるをえない、B級を通り越してZ級のエド・ウッドの映画に出演していた。そして1956年、ドラキュラのイメージを作り上げ、自らそのイメージに縛られ続けた悲劇の俳優は死亡する。ルゴシは自らの希望でドラキュラの衣装を纏い埋葬された。

自ら作り上げたドラキュラの影に蝕まれ栄光の座から転落し、モルヒネ中毒で痩せ衰えていったルゴシは、ドラキュラの役を拒みながらもずたずたのプライドをドラキュラに求め続けねばならなかった。そんな彼の悲壮な人生は我々の共感を呼び、我々は同じ闇の住人として自己を彼に投射する。人間というちっぽけな存在を超越し異世界へと誘ってくれる、さかしまなるキリスト的存在としての吸血鬼への憧憬は、彼の悲壮な人生に対する共感と重ね合わされ、屈折したロマンティシズムを生み出す。数多くの吸血鬼映画に主演しながらも己のイメージを吸血鬼に留まらせる事無く役者として成功したクリストファー・リーのように、器用に生きることが出来なかったルゴシは、 我々と同じ人種であるが故に唯一にして最高のドラキュラ俳優として今もなおその名が記憶されているのである。

我々が吸血鬼に魅了され、その姿を追い求め続ける限り、ベラ・ルゴシの名は永遠に消えることはない。ルゴシの名はドラキュラの名と共に、今後も永遠に思い出されることだろう。吸血鬼映画への憧憬は、屈折したロマンティシズムそのものなのであるから。