Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


ダイ・ラフィング

Die Laughing

ダイ・ラフィングは女性ヴォーカルを配したイギリスの90年代ゴシック・バンドである。オール・アバウト・イヴのジュリアンヌ・リーガンを強く想起させるレイチェル・スペイトの優しく柔らかい声質に耽美的なサウンドを組み合わせたその嗜好性は、まさにゴシック色を強めたオール・アバウト・イヴそのものと言える。

彼らのセカンド・アルバムである「ヘブン・イン・デクライン」は国内盤も発売されたものの、その際帯に記載されていたのは「メタル」という言葉であった。楽曲名もメタル特有の「邦題」が付けられ、ゴシック・バンドのアルバムとは思えぬ様相を呈していた。これには当時隆盛を見せていたゴシック・メタルの一派として紹介することで売上を高める思惑があったのであろうが、そのことが結果として真のゴシック愛好者達から彼らを遠ざけてしまった一因となったのではないかと私は思う。

また、今となっては我が日本には滅多に情報の入ってこないこのジャンルにおいて、数少ない機会で目にする度にヴォーカルのレイチェルが幅と厚みを増していったのも彼らがオール・アバウト・イヴほどの支持を得られなかった一因と密かに私は思っている。やはり歌姫は美しくあって欲しいものである。

とは言うものの彼らは、その知名度の低さに留めておくには余りに惜しい存在である。ゴシック・メタルではなく、ゴシックの愛好者達こそにもっと知られるべきバンド。

Discography(album)

Glamour & Suicide


Released 1995

01.Invocation / 02.Firedance / 03.Hypocrisy / 04.Glamour & Suicide / 05.Harlequin / 06.Masquerade / 07.Heaven


Heaven In Decline


Released 1996

01.Ghosts / 02.Malediction / 03.Nemesis / 04.Cascades / 05.In Chimera's Shadow / 06.Evergreen / 07.Labyrinthine / 08.The Veil / 09.Shades Of Darkness / 10.Garden Of Thorns / 11.Love Amongst The Ruins / 12.Maelstrom / 13.Safe Little World


The Temptress E.P.


Released 1997

01.Queen Of Swords / 02.In Chimera's Shadow (Acoustic Version) / 03.Queen Of Swords (Intravenous Mix) / 04.Firedance (Live) / 05.Glamour & Suicide (Live) / 06.Evergreen (Live)


Caged


Released 1998

01.Sacred World / 02.Children / 03.Whispers / 04.Forever / 05.Heaven / 06.Love Amongst The Ruins / 07.Rusalka / 08.She's Calling / 09.Nemesis / 10.Children ('93) / 11.Labyrinthine / 12.All I Fear / 13.Nemesis / 14.Hypocrisy / 15.Amy


Incarnations


Released 1998

01.Firedance / 02.Glamour & Suicide / 03.Heaven / 04.In Chimera's Shadow / 05.Ghosts / 06.Nemesis / 07.Garden Of Thorns / 08.Safe Little World / 09.Queen Of Swords / 10.Dark Half / 11.Stranger To Reason / 12.Aphelion / 13.The Amaranth Chain