Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


フィールズ・オブ・ザ・ネフィリム

Fields of the Nephilim

シスターズ・オブ・マーシーがウェイン・ハッセイの脱退を期に一度解散をした85年、それまでシスターズを聞いていたゴシックのファン達は半ば必死になってポスト・シスターズを当時の音楽シーンに求めていた。そんな折に、最もポスト・シスターズと言われていたのがこのフィールズ・オブ・ザ・ネフィリムである。

彼らのファースト・アルバムである『ドーンレイザー』を現在聞いてみると、さしてシスターズとの音楽的共通点はないようにも思われるが、彼らがいわゆるシスターズ的な暗い音楽的嗜好を持っていたことは確かである。低くしゃがれたヴォーカルに暗く重いメロディー、これが彼らの音楽の特徴ではあったが、何よりもシスターズと一線を画するのは彼らはホラー的であるということである。彼らはホラー映画『デモンズ2』のサントラにも参加し、ライヴにおいてもホラー映画を彷彿とされる衣装を好み、それが良くも悪くも彼らの大きな特徴、雰囲気を作り上げていた。それは、私に言わせればひどくB級ホラー映画的なイメージであったように思う。

ポスト・シスターズとして一躍脚光を浴びたものの、それは彼らにとっては苦痛でしかなく、彼らには常にシスターズの幻影が纏わりついていたように思われてならない。だが本質的には彼らはシスターズではなく、やはりB級なホラー映画の雰囲気に包まれたゴシック・バンドであったというのが私の見解ではある。アルバムを重ねるにつれ、彼らはシスターズと比較されることもなくなり、その知名度も実力も充分に高まり、ベスト・アルバムも出されるほどのバンドへと成長したが、私には彼らの演出する雰囲気が少々鼻につくように感じられた。

これから彼らに手を出すならば、最初に二枚組のベストアルバム『リベレイションズ』から入ることをお勧めする。このアルバムに彼らの魅力も欠点も全て集約されていると言っても過言ではない程、選曲は完璧である。

Discography(album)

Dawnrazor


Released 1987

01.Intro (The Harmonica Man) / 02.Slowkill / 03.Laura II / 04.Preacher Man / 05.Volcane / 06.Vet Fot The Insane / 07.Secrets / 08.Dust / 09.Reanimator / 10.Power / 11.The Tower / 12.Dawnrazor / 13.The Sequel


The Nephilim


Released 1988

01.Endemoniada / 02.The Watchman / 03.Phobia / 04.Moonchild / 05.Chord Of Souls / 06.Shiva / 07.Celebrate / 08.Love Under Will / 09.Last Exit For The Lost


Elizium


Released 1990

01.(Dead But Dreaming) / 02.For Her Light / 03.At The Gates Of Silent Memory / 04.(Paradise Regained) / 05.Submission / 06.Sumerland (What Dreams May Come) / 07.Wail Of Sumer / 08.And There Will Your Heart Be Also


Earth Inferno


Released 1991

01.Intro (Dead But Dreaming) / For Her Light / At The Gates Of Silent Memory / (Paradise Regained) / 02.Moonchild / 03.Submission / 04.Preacher Man / 05.Love Under Will / 06.Sumerland / 07.Last Exit For The Lost / 08.Psychonaut / 09.Dawnrazor


Live In Concert


Released 1992

01.Endemoniada / 02.Love Under Will / 03.Moonchild / 04.Blue Water / 05.Chord Of Souls


Laura


Released 1992

01.Power / 02.Laura (Again) / 03.Secrets / 04.The Tower / 05.Returning To Gehenna / 06.Back In Gehenna / 07.Trees Come Down / 08.Darkcell / 09.Laura


Revelations


Released 1993

[Disc1]
01.Moonchild / 02.Chord Of Souls / 03.Last Exit For The Lost / 04.Preacher Man / 05.Love Under Will / 06.Power / 07.Psychonaut Lib 111 / 08.For Her Light / 09.Blue Water / 10.Vet For The Insane / 11.Watchman / 12.Downrazor (Live)

[Disc2]
01.Submission Two (The Dub Posture) / 02.Preacher Man (Contaminated Mix) / 03.Celebrate (Second Seal) / 04.Shiva / 05.Psychonaut Lib 1 / 06.In Every Dream Home A Heatache / 07.Moonchild (Unsealed)


From Gehenna To Here


Released 2001

01.Trees Come Down / 02.Back In Gehenna / 03.Darkcell / 04.Laura / 05.Power / 06.Laura II / 07.Secrets / 08.The Tower / 09.Returning To Gehenna


Fallen


Released 2002

01.Dead To The World / 02.From The Fire / 03.Thirst / 04.Darkcell AD / 05.Subsanity / 06.Hollow Doll / 07.Fallen / 08.Deeper / 09.Premonutuin / 10.One More Nightmare (Trees Come Down AD)


Mourning Sun


Released 2005

01.Shroud (Exordium) / 02.Straight To The Light / 03.New Gold Dawn / 04.Requiem (Le Veilleur Silencieux) / 05.Xiberia (Seasons In The Ice Cage) / 06.She / 07.Mourning Sun