Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


G-シュミット

G-Schmitt

G-シュミットはレコード屋で「サ行」に並べられていることが多い。このページを見た方の大半の人もおそらくはこのバンド名を「ジー・シュミット」と読んだのではないかと思う。しかし、このバンドは「ゲー・シュミット」と読むのが正しく、レコード屋で「カ行」に並べられていたならば、その店はなかなか分かっている店である。

G-シュミットは83年に活動を開始し、ヴォーカルのSYOKOの持つ独自の幻想的な詩の世界観を反映させた音楽性、独自性を持ったバンドであった。特にファースト・アルバムの『モダン・ジプシーズ』は当時のインタビューで当人が語ってもいる通り、過剰なまでの幻想的な詩と音楽性を全面に押し出し、強烈な彼らの存在感や独自性をアピールしていた。この過剰な装飾はセカンド・アルバム以降は影を潜めて行くが、個人的にはこの初期G-シュミットの世界観が好きで、今でもよく聞いている。

G-シュミットは当時オート・モッドが開始したシリーズ・ギグ「時の葬列」にも参加していたことで知られるが、突出した個性が強かったいわゆる「ヴェクセルバルグ」系列のバンドの中でも、G-シュミットはヴォーカルSYOKOの可憐でありながら内に秘めたる力強さを感じさせるような、確たる存在感を放っていた。昨今のインディーズには決して見られないような特殊な位置を確立していたという意味でもこのバンドは優れた存在であったと思う。今となっては彼らの音に触れることは困難かもしれないが、中古等で見かけたならば是非聞いて見て欲しい音楽である。インディーズがまだ自主制作という名の元で、メジャーでは決して成し得ない音楽を展開していた頃の優れた感覚というものに触れることができるだろう。

Discography(album)

Modern Gypsies


Released 1985

01.Limit / 02.The 1001 Nights / 03.Farewell / 04.Waltz


Sin, Secret & Desire


Released 1986

01.Mescaline Dream / 02.Belladonna / 03.Lotus Garden / 04.Someday Somewhere / 05.Disaster / 06.Grand Cirle


Struggle To Survive


Released 1987

01.Kの葬列 / 02.Catholic (New Vocal) / 03.Limit / 04.The 1001 Nights / 05.Farewell / 06.Waltz / 07.Mescaline Dream / 08.Belladonna (Re-Mix) / 09.Lotus Garden / 10.Someday Somewhere / 11.Grand Cirle / 12.Public Game / 13.Farewall


Garnet


Released 1988

01.Balsam / 02.Future Daze / 03.Le Paradis / 04.Obsession Obscure / 05.Cathedral Junky / 06.Coda (Bitter Liquid in Chalice) / 07.Lemuria / 08.Isis (Darkness)


Alternative Garnet


Released 1988

01.Balsam / 02.Future Daze / 03.Coda [II] (The Ark) / 04.Isis (The Darkness) / 05.Es / 06.Le Paradis / 07.Cathedral Junky / 08.Obsession Obscure / 09.Icaros Descending [II]


Sillage


Released 1989

01.遊戯終焉 I / 02.Someday Somewhere (Film Noir Version I) / 03.The End Of The Game