Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


ゴースト・ダンス

Ghost Dance

シスターズ・オブ・マーシーの初代ギタリストであったゲイリー・マルクスが、当時ポスト・スージー&ザ・バンシーズと噂されていたスケルタル・ファミリーのヴォーカリストのアン・マリーと結成したバンド。と説明すれば分かる通り、私がこのバンドの存在を知ったのは、シスターズからの流れである。結成当初の音楽性は切々とメロディーを歌い上げていく叙情的なゴスであり、初期シスターズ・オブ・マーシーの無機質な音楽に女性ヴォーカルがのっているという印象が強かった。しかし、その後ジョーン・ブランドをプロデューサーに迎えたセカンド・アルバムでは、音楽的に大きく発展し、ゴシック色を残しながらもポップなサウンドへと大きく成長した。

特に、既に発表されていた「セレブレイト」がセカンドには新しいヴァージョンで収録されているが、そのアレンジ、音楽的な構成の変化等に、このバンドの大きな成長の後が見られる。叙情的サイケな色合いが濃かった初期の楽曲も私は大好きなのではあるが、この変化は喜ぶべき変化であると言えよう。

その音楽性の発展、もしくはポップ化は下のジャケット・デザインの変化を見て頂ければ一目瞭然であろう。一枚目のシングル・コンピレーションではゴシック以外の何者でもないという感じのデザインであるのに対して、セカンドはある種あか抜けた印象さえ与える。女性ヴォーカルでクラシカルな叙情的ゴスの代表格がオール・アバウト・イヴであるならば、ゴースト・ダンスはロック的な叙情的ゴスと言えるかもしれない。

現在セカンド・アルバムはCD化されてはいるものの、一般店舗ではまず入手困難である。しかし、先にも挙げた「セレブレイト」等、いわゆるメジャーの土俵でも充分勝負できるだけのクオリティを持った作品であるので、是非見かけたら入手してみて欲しいバンドである。私の趣向はかなり一般性を欠いているのは充分承知してはいるが、このゴースト・ダンスに限っては、かなり一般性の高いバンドであり、優れたバンドであると強くお勧めできるのではないかと思う。

Discography(album)

Gathering Dust


Released 1988

01.River Of No Return / 02.Celebrate / 03.Heart Full Of Soul / 04.Can The Can / 05.Last Train / 06.A Deeper Blue / 07.Yesterday Again / 08.Both Ends Burning / 09.The Grip Of Love / 10.Where Spirits Fly / 11.Radar Love


Stop The World


Released 1986

01.Down To The Wire / 02.Celebrate / 03.Walk In My Shadow / 04.Cinder Road / 05.I Will Wait / 06.Stop The World / 07.Falling Again / 08.Heaven And Beyond / 09.The Love I Need / 10.Spin The Wheel