Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


ジェームス・レイ
アンド・ザ・パフォーマンス

James Ray and the Performance

ジェームス・レイ・アンド・ザ・パフォーマンスは、シスターズ・オブ・マーシーを率いるアンドリュー・エルドリッチの片腕としてシスターフッドに参加したジェームス・レイが、1986年から89年まで活動を行った自身の最初のバンドである。そして、彼らはエルドリッチのレーベルであるマーシフル・リリースと契約した最初期のバンドの一つでもある。

シスターフッドでみせたエルドリッチばりの低くしゃがれたレイのヴォーカルに、シスターズを思わせるドラム・マシーンの無機質なリズム、いわゆる「マーシー・ビート」を基調とした暗くダンサンブルな音楽。特に彼らのファースト・シングルは、エルドリッチがプロデュースを行っただけに、シスターフッドを強く彷彿させる。

彼らの歌詞には南部アメリカへの憧憬が強く見られるものの、強烈なダンスビートを軸にエレクトリカルな展開を見せる後のギャングウォー時代に比べると、その音楽的個性はまだ薄い。しかし、それ故にシスターフッドの完全なる延長線上のサウンドとして、シスターズ・ファンはある意味安心して聴くことができるとも言えるかもしれない。

彼らは3枚のシングルをリリースし、そのコンピレーションである『ア・ニュー・カインド・オブ・アサシン』をリリースした後に、メンバーを入れ替えレイを中心としたギャングウォーへと変遷していくことになる。

Discography(album)

A New Kind Of Assassin


Released 1989

01.Mexico Sundown Blues / 02.Texas / 03.Mountain Voices (Remix) / 04.Dust Boat / 05.Edie Sedgwick / 06.Mexico Sundown Blues (Edit)