Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


ネフィリム

Nefilim

1991年に解散したフィールズ・オブ・ザ・ネフィリムのヴォーカリストであったカール・マッコイがメンバーを入れ替え新たに始動したバンド。なんとそのアルバムは国内盤までが発売され、ゴスのムーブメントが去ってからと言うものの冷遇されることに慣れきっていた私にとっては非常に驚くべき光景を生み出した。

しかし、それはこのネフィリムのサウンドを聞けば納得する。フィールズ・オブ・ザ・ネフィリムがシスターズを思わせる明らかなゴシック・ロックであったのに対して、このネフィリムはインダストリアル・メタル、スラッシュ・メタル的な攻撃的なサウンドをその特徴としており、国内盤がリリースされたのもゴスの流れとしてではなく、明らかにメタル・バンドとしてであった。

低く唸りをあげるマッコイのヴォーカル・スタイルもフィールズ・オブ・ザ・ネフィリム時代と比較してやや攻撃的になっており、ゴシック的な雰囲気を漂わせつつも暴力的に押しまくるサウンドと相俟って、非常に激しいメタル・サウンドを生み出している。そのあまりの激しいサウンドはアルバムを通して聞く度にある種の疲労感のような、肩に重くのしかかるものを感じさせるほどである。

確かにマッコイのヴォーカルにはこのようなサウンドがマッチしていると言えなくもなく、新たなる方向性としてのネフィリムには期待をしていたのではあるが、残念ながらアルバムリリースは『ズーン』の1枚と留まっているようである。

Discography(album)

Zoon


Released 1996

01.Still Life / 02.Xodus / 03.Shine / 04.Penetration / 05.Melt (The Catching Of The Butterfly) / 06.Venus Decomposing / 07.Pazuzu (Black Rain) / 08.Zoon (Parts 1 & 2) (Saturation) / 09.Zoon (Part 3) (Wake World) / 10.Coma