Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


サディ・サッズ

Sadie Sads

日本のインディーズ/ポジティブ・パンク史における唯一無二の存在、それこそがサディ・サッズである。そういう時代であった、と言ってしまえばそれまでであるが、メタル・パーカッションを大胆に取り入れたその無機質で硬質なインダストリアル・サウンドや、アート嗜好の強い異端的なパフォーマンスは強烈な個性を放ち、現代に至るまで彼らを超える存在を見出すことは今なおない。

サディ・サッズは1982年にヴォーカルのサッドを中心に結成。サッドの創作言語による無国籍風唱法、スライドを用い舞踏的な要素を取り入れたステージ・パフォーマンスと、当時盛り上がりを見せていた日本のアンダーグラウンド・シーンの中でも、彼らの先鋭的な存在感は突出したものがあった。メタル・パーカッションの導入ということから、アインシュツルツェンデ・ノイバウテンとの類似性を指摘されることも多かった彼らであるが、サディ・サッズはより狂的で異端的であった。

彼らはオート・モッド主催のシリーズ・ギグ「時の葬列」にも参加し、今や伝説と化した"Bloody Valentine"での偶発的な事故による流血パフォーマンスを展開した後、ヴェクセルバルグから『ボックス・ウィズ・リトル・ドール』をリリースする。このアルバムの装丁の異様さと言ったらなく、複数のデザインから成る3000枚限定の箱入り仕様、2枚組のLPは面によって33回転と45回転が混在するという極めて異質な当時の自主制作盤では考えられぬ豪華さであった。無論その装丁だけに留まらず、収められている楽曲も呪術的で先鋭的なサウンドで聞く者を圧倒するものであり、彼らが如何に優れた才能を持っていたかを窺い知ることができる傑作であった。

しかし、彼らの音楽性は徐々にダンサンブルなものへと変化していき、そこにアングラ的な要素は見られなくなっていく。そして1987年にはバンド名をサッズに改め、ホーンセクションを取り入れたファンク・サウンドへと驚くべき変化を遂げ、やがてバンドは終焉を向かえる。しかし、彼らがサディ・サッズとして残した音源は今なお色褪せる事はなく、唯一無二の存在であり続けているということができるだろう。

Discography(album)

Box With Little Doll


Released 1985

01.Day Dream / 02.Japana / 03.Junk College / 04.W.S.D.G. / 05.L.H.O.O.Q. / 06.Glas Brugh / 07.Psi-Tech House U.N.O. / 08.Holding Eazy / 09.Ai Thought / 10.Box With Little Doll