Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


サザン・デス・カルト

Southern Death Cult

セックス・ギャング・チルドレン、ダンス・ソサエティーと共にポジティヴ・パンク御三家と称されたサザン・デス・カルトは、81年にイギリスのブラッドフォードで結成されたバンドである。そもそも「ポジティブ・パンク」というジャンル自体が半ば架空のムーヴメントであったため、他のセックス・ギャング・チルドレン、ダンスソサエティーらとサザン・デス・カルトには音楽的な共通要素を見出すことは難しい。しかし、パンクが終焉した後のシーンにおいて次なるムーヴメントを模索する新たなる潮流としてのパワーを内在したバンドという意味では、彼らは確かに共通的な要素を持っていたと言うことができるかもしれない。

サザン・デス・カルトはシアター・オブ・ヘイトやバウハウスと共にツアーを回る等してその知名度を高めていたものの、83年に解散。その後ヴォーカルのイアンはデス・カルトを結成、他のメンバーはゲッティング・ザ・フィアーを経てイントゥ・ア・サークルで活動を行う。イアン率いるデス・カルトは、シングルを2枚発表した後さらに名を縮めてザ・カルトへと変遷し、アメリカを中心にメジャーでブレイクしたのは皆様御存知のことだろう。名が縮まるにつれ、ハード・ロック色が強くなっていったのも彼らの特徴であるが、それはまた別の機会に紹介することにする。

北米ネイティブ・インディアンへの傾倒で知られるイアンの伸びのあるヴォーカルはまだ荒削りではあるものの、当時からその片鱗を充分に伺わせ、ポジティブ・パンクと呼ばれたバンド達の中でも頭一つ飛びぬけた印象を与える。そして、バックの土着的で呪術的なリズムにやや単調なギターが生み出すサイケデリックなサウンドは、今もなおその輝きを失っておらず、パンクの持っていた荒々しさの中にも新たなる要素に満ちている。

残念ながら、サザン・デス・カルトの残された音源は、正確にはフル・アルバムではない。制作途中で解散をしたため、彼らの唯一のアルバムはシングルやライブ音源を寄せ集めたものしか存在しないのである。しかし、それでも彼らの持つ「勢い」が充分に感じ取られる傑作であることは間違いなく、ポジティブ・パンクといったカテゴライズの壁を打ち破る力がそこにはみなぎっている。

Discography(album)

The Southern Death Cult


Released 1983

01.Fatman / 02.Moya / 03.The Girl / 04.All Glory / 05.Today / 06.False Faces / 07.Flowers In The Forest / 08.Patriot / 09.The Crypt / 10.Crow / 11.Faith / 12.Vivisection / 13.Apache