Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


ショーコ

Syoko

言うまでもなく、G-シュミットの歌姫であるSYOKOのソロ。バンド活動とは別にソロとしてライブ活動を行ったということはなく、G-シュミットよりも実験性の高い音楽的試みをソロ・アルバムとして実現した、という位置付けになろうか。

ソロ・アルバムの1作目である『ソイル』は今では映画音楽の大家として知られる久石譲とのコラボレーションにより、打ち込みを多用した実験性の高い退廃的な作品となっている。久石譲とのコラボレーションは、映画『この愛の物語』(1987)のサントラとして提供された名曲"Flying High"でも聴くことができるが、残念ながらこの曲は『ソイル』には収録されていない。

そして、G-シュミットの1988年の解散後、突如として再びメジャーからリリースされたソロ2作目『タービュランス』。バックにはEP-4のBANANAこと川島裕二を始めとして、ブラボー小松やPINKの矢壁アツノブ、Dead Endの湊雅史、非常階段のJOJO広重といった錚々たる個性的なメンバーを従え、前作よりもよりアヴァンギャルドでありながらも幻想的な世界観を提示している。その素晴らしい完成度は、完全にG-シュミットの延長線上にも置くことができるほどに傑作であった。

そもそも、G-シュミット在籍時のインタビューでもSYOKOはG-シュミットの結成は自らの詩に音楽が欲しかったから。と答えており、ソロ活動の継続が期待されたがSYOKOは再び我々の前から姿を消し、その活動に幕を閉じてしまうのであった。

Discography(album)

Soil


Released 1986

01.Erewhon / 02.Criminal Shuffle / 03.Sphinx In The Night / 04.Magie / 05.Sunday Never Comes / 06.Sunset


Turbulence


Released 1992

01.Bride Lunaire / 02.Blue / 03.Dance On The Brink / 04.Heaven / 05.I/f / 06.Ashanti / 07.Milledi / 08.Howling Wind