Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


ザ・メリー・ソウツ

The Merry Thoughts

ザ・シスターズ・オブ・マーシーを率いるアンドリュー・エルドリッチが始動させた、ゴスの期待を一身に背負う期待の新プロジェクト。

そう紹介されてこのザ・メリー・ソウツの曲を聴かされたとしたら、この私もすっかり信じ込み、ありがたくひれ伏し、嬉々としてその音に聞き入るであろう。ところがところが、ザ・メリー・ソウツはシスターズの影響を濃厚に、と言うよりも恥ずかしげもなく全面に打ち出した、全くシスターズとは関連性のないドイツのゴス・バンドなのである。そのオリジナリティを完全に放棄したかのようなバンド・スタイルは、淡々と感情を押し殺したような低くしゃがれたヴォーカル・スタイルにはじまり、シャウトを入れるタイミングとそのシャウトの言葉、ギターのかき鳴らし方、無機質なドラム、曲の構成やフレーズ、歌詞で頻繁に使われる単語等、もう全てが全てシスターズそのものであるとすら言える。さらに写真を見て頂ければ分かる通り、外見までが驚くほどにシスターズそっくりなのである。ヴォーカルのマーヴィン・アークハムの頬のこけ方、皺の入り方は実はエルドリッチその人なのではないか?とすら思わせる程に似ている。

ザ・メリー・ソウツは、シスターズを強烈に真似ているだけあって、シスターズのファンならば必ずやツボなバンドであるものの、それゆえに生真面目なゴス・ファンからは総スカンをくらいかねぬ非常にあやうい存在のバンドである。これだけシスターズを真似ていながらもオリジナルの曲を作っているというのは、ある意味それも才能なのかもしれないが、果たして皆さんはこのバンドをどう評価するであろうか。私は彼らのオリジナリティという部分は全く評価はしないが、シスターズへの欲求を満たすためだけの存在として割り切ることを条件とするならば、わりとすんなりと聞くことができオススメできるのではないかと思う。

本家シスターズの新譜が長らくリリースされない現在のこの状況下、長年ライブ・ブートレグばかりで我慢に我慢を重ね、来日コンサートも直前に中止された我々としては、シスターズの新曲を聞きたいという欲求をザ・メリー・ソウツで多少なりとも満たすというこの選択肢は非常に魅力的である。邪道であることを承知の上で手を伸ばしてみては如何であろうか。

Discography(album)

Millennium Done I: Empire Songs


Released 1993

01.Dreamland / 02.I Say / 03.Pale Empress / 04.Stars / 05.Scars / 06.Second Generation / 07.Glory Boys / 08.You Came


Psychocult


Released 1996

01.Psychocult / 02.Chant / 03.Goddess / 04.Flow / 05.We Love To / 06.Heat / 07.Low Violet / 08.Will You / 09.The Sun And The Rainfall / 10.Goddess (M.A. Homebrew)