Conents Menu
Recent Update
Skeletal Family
The Mission
Christian Death
The 69 Eyes
The Danse Society
Search
Archives


ザ・シスターズ・オブ・マーシー

The Sisters of Mercy

シスターズ・オブ・マーシーはゴスの帝王と形容される。その漆黒のベールに包まれた彼らの音楽性は、ゴシック・ロックの代表的存在であり、数多くのフォロワーを生み出している。しかしそれらの多くは所詮シスターズの域に到達するべくもなく、キング・オブ・ゴスは誰が何を言おうと、やはりシスターズでしかありえない。

シスターズ・オブ・マーシーは、1980年にアンドリュー・エルドリッチを中心にリーズで結成。当初はドラムがいたものの、その後リズム・ボックスを起用した非常に無機質で暗いトーンをその特徴とするサウンドが形成される。初期シスターズは正に暗黒的とも言うべき淡々としたリズムにメロディアスなギターが重なり、そしてエルドリッチの重く暗いしゃがれた声が乗るという曲の構成が特徴的であり、ゴスの帝王たる地位を早くもこの時期に確立していた。しかし、85年7月に来日直前にしてギターのウェイン・ハッセイとベースのグレッグ・アダムスが脱退し、解散。多くの日本のファンは涙を飲んだという。

その後エルドリッチは87年に元ガン・クラブのパトリシア・モリスンをパートナーとしてシスターズを再結成。ファースト・アルバムでのアコースティック/エレクトリック・ギターをキーボードの音に乗せ、よりドラマティックな曲構成が強いセカンド・アルバム『フロッド・ランド』は爆発的なヒットを飛ばし、ゴールド・ディスクとなる。その後サード『ヴィジョン・シング』はセカンドよりもストレートなロック色が強まり、西ドイツでゴールド・ディスクとなっている。

私がシスターズを聞いた時、全身に鳥肌がたった。自分が捜し求めていた音楽に出会ったという衝撃、とでも言おうか。無論それは後々考えた理論でしかないが、直感的にすさまじいまでの衝撃と、圧倒的な感情の波に飲まれたのである。暗い雰囲気に包まれながらも、ニューウェーブ的な音の広がりがあり、まさに私が理想としていた音楽に他ならなかった。以来私はシスターズのとりこになった。シスターズ・オブ・マーシーこそが私の青春時代の音楽であり、最も敬愛するバンドである。

やがて時は流れシスターズを聞き続けた少年も大人になり、もはや日本でシスターズを目にすることはないであろうと諦めていた2011年。1985年、1998年と2度の来日直前の中止を経て、何と奇跡のシスターズ初来日が実現。単独ではない上に、ゴスと相性がいいとは決して言えないフジロックという形ではあったが、夢にまで見たエルドリッチのその姿を私はようやく目にしたのであった。

Discography(album)

First And Last And Always


Released 1985

01.Black Planet / 02.Walk Away / 03.No Time To Cry / 04.A Rock And A Hard Place / 05.Marian (Version) / 06.First And Last And Always / 07.Possession / 08.Nine While Nine / 09.Logic / 10.Some Kind Of Stranger


Floodland


Released 1987

01.Dominion / Mother Russia / 02.Flood I / 03.Lucretia My Reflection / 04.1959 / 05.This Corrosion / 06.Flood II / 07.Driven Like The Snow / 08.Never Land (A Fragment) / 09.Torch / 10.Colours


Vision Thing


Released 1990

01.Vision Thing / 02.Ribbons / 03.Detonation Boulevard / 04.Something Fast / 05.When You Don't See Me / 06.Doctor Jeep / 07.More / 08.I Was Wrong


Some Girls Wander By Mistake


Released 1992

01.Alice / 02.Floorshow / 03.Phantom / 04.1969 / 05.Kiss The Carpet / 06.Lights / 07.Valentine / 08.Fix / 09.Burn / 10.Kiss The Carpet (Reprise) / 11.Temple Of Love (Extended Version) / 12.Heartland / 13.Gimme Shelter / 14.The Damage Done / 15.Watch / 16.Home Of The Hit-Man / 17.Body Electric / 18.Adrenochrome / 19.Anaconda


A Slight Case Of Overbombing: Greatest Hits Volume One


Released 1993

01.Under The Gun / 02.Temple Of Love (1992) / 03.Vision Thing / 04.Detonation Boulevard / 05.Doctor Jeep / 06.More / 07.Lucretia My Reflection / 08.Dominion / Mother Russia / 09.This Corrosion / 10.No Time To Cry / 11.Walk Away / 12.Body And Soul